敵討ち 般若同心と変化小僧

敵討ち 般若同心と変化小僧

著者:小杉健治
定価 (税8%):¥700
(本体価格:¥648)
判型:文庫
刊行年:2011-07-20
ISBNコード:978-4-584-36702-5

amazonで購入する

内容紹介

行き倒、死人、迷子などは、年格好や着物を記した立て札が立つ。

昼下がり決まった刻限にやってくる謎の女。
般若同心の異名をとる柚木源九郎は気になった。
変化小僧の役割が終わったとうそぶく仙太郎。
そして、敵を見失いつつある熊倉伝十郎と小松典膳。
源九郎は新妻雪江とともに、皆の行く末に心を痛めていた。

シリーズ、第八弾!

著者紹介

小杉健治(こすぎ けんじ)

1947年、東京都生まれ。
83年「原島弁護士の処置」でオール読物推理小説新人賞を受賞。
『絆』で日本推理小説作家協会賞を、『土俵を走る殺意』で吉川英治文学賞を受賞。
社会派推理小説、時代小説などで活躍している。

INFORMATION