柳生隠密一件帳

柳生隠密一件帳

著者:宮城賢秀
定価 (税8%):¥710
(本体価格:¥657)
判型:文庫
刊行年:2011-02-18
ISBNコード:978-4-584-36696-7

amazonで購入する

内容紹介

天下のために暗躍する徳川の兵法指南役・柳生宗矩。家康にもたらされた北政所からの書状。その文面には、丹波国に隠された埋蔵銀、すなわち豊太閤の隠し金の存在がつづられていた。天下分け目の関ヶ原合戦より一年。埋蔵銀奪取にうごめく謎の武士団。宗矩は護衛役の忍び衆とともに武士たちの追跡を開始した。徳川と豊臣の暗闘に、秀吉の宝探し、行く手に待つのは手ごわい敵。柳生活人剣がうなる、長編痛快時代活劇!

著者紹介

宮城賢秀(みやぎ けんしゅう)

1946年、中華民国台湾省高雄生まれ。沖縄県那覇市の神原中学校を卒業後、数々の職業を経験し、現在は文筆に専念。時代小説の気鋭として活躍している。日本文芸家クラブ理事。
近著に、将軍舎弟隠密帳シリーズ『闇討ち』(学研M社文庫)、『
八丁堀の虎】(ハルキ文庫)などがある。

INFORMATION