口封じ 【秋山久蔵御用控13】

口封じ 【秋山久蔵御用控13】

著者:藤井邦夫
定価 (税8%):¥700
(本体価格:¥648)
判型:文庫
刊行年:2010-12-17
ISBNコード:978-4-584-36693-6

amazonで購入する

内容紹介

入谷鬼子母神の裏長屋に住む飾職人の文七が、鎌倉河岸で死体となって浮かんだ。北町奉行所の調べでは、酒に酔った上での溺死とされた。しかし、文七の月代には殴られた傷跡があり、渡り中間の定吉と、注文を受けた「丸に揚羽の蝶」の簪のことで揉めていたのを知った女房のおまち。亭主は殺められたに違いないと、南町奉行所与力の秋山久蔵に訴え出たが……。大好評の書き下ろしシリーズ、第十三弾!

著者紹介

藤井邦夫(ふじい くにお)

1946年、北海道旭川市生まれ。テレビドラマ「特捜最前線」で脚本家デビュー。以後、刑事ドラマ、時代劇を中心に400本以上の作品を手がける。おもな脚本作品には「八丁堀の七人」「水戸黄門」「子連れ狼」などの人気作品も数多い。著作には、小社刊行の「秋山久蔵御用控」シリーズのほか、最新刊として『秋日和 知らぬが半兵衛手控帖』(双葉文庫)、『破れ傘 素浪人稼業』(祥伝社文庫)、『濡れ衣 結城半蔵事件始末』(学研M文庫)、『見殺し 評定所書役・柊左門裏仕置』(光文社文庫)などがある。

INFORMATION