龍馬の夢を叶えた男 岩崎弥太郎

龍馬の夢を叶えた男 岩崎弥太郎

著者:原口 泉
定価 (税8%):¥1,512
(本体価格:¥1,400)
判型:四六並製
刊行年:2010-01-20
ISBNコード:978-4-584-13215-9

amazonで購入する

内容紹介

2010年大河では龍馬と岩崎弥太郎の関係が大きなテーマになっています。
「日本を洗濯したらでっかい海がまっちょるきに」と言っていた龍馬の夢を叶え、大三菱を創った岩崎弥太郎。978-4-584-13215-9
二人の運命の陰と陽を紹介。


第一章 始まりは「文」の弥太郎、「武」の龍馬
第二章 弥太郎を襲う相次ぐ試練
第三章 長崎で出会った異質の個性
第四章 違うからこその名コンビ
第五章 龍馬の夢を叶えた男の栄光と苦悩

著者紹介

原口 泉(はらぐち いずみ)

1947年鹿児島県生まれ。東京大学文学部国史学科、同大学院修士課程修了(文学修士)。同博士課程2年を終えて、1979年鹿児島大学法学部に赴任、1998年より教授。琉球大学非常勤講師、放送大学客員教授を歴任。2005年鹿児島大学生涯学習教育研究センター長に就任。専門は日本近世、近代史。とくに東アジア諸地域とのつながりのなかで、薩摩藩の歴史研究に取り組む。日本全国にかぎらず東南アジア、欧米でも活発に講演を行っており、NHK大河ドラマ『翔ぶが如く』(1990年)、『琉球の風』(1993年)、『篤姫』(2008年)などで時代考証を担当。
主な著書に『龍馬を超えた男 小松帯刀』『維新の系譜』『篤姫 わたくしこと一命にかけ』(以上、グラフ社)、『世界危機をチャンスに変えた幕末維新の知恵』(PHP新書)、『「龍馬の声」が聞こえる手紙』(三笠書房)など。

INFORMATION