御用盗 疾る

御用盗 疾る

著者:峰 隆一郎
定価 (税8%):¥669
(本体価格:¥619)
判型:文庫
刊行年:2004-03-19
ISBNコード:4-584-36501-6

amazonで購入する

内容紹介

幕末、朽ち果てるのを待つのみの徳川政権。江戸に跋扈していた「勤王の志士」たちは、軍用金調達を名目に商家を襲い、略奪、殺し、強姦と暴虐の限りを尽くしていた。彼らに真っ向から対峙する同心・柘植修理介と勤王の志士たちの熾烈な戦いを描く峰隆一郎の傑作!

著者紹介

峰 隆一郎(みね りゅういちろう)
1931年長崎生まれ。日本大学芸術学部中退。出版社勤務を経て作家活動に入る。'79年、「流れ灌頂」で第5回「問題小説新人賞」受賞。主な著書に『人斬り弥介』『唐丸破り』『江戸仇討慚鬼伝』『蛇目孫四郎斬刃帖』『剣鬼・岡田以蔵』など多数がある。

INFORMATION