人生、お楽しみはこれからだ

人生、お楽しみはこれからだ

著者:西木正明
定価 (税8%):¥802
(本体価格:¥743)
判型:新書
刊行年:2012-02-24
ISBNコード:978-4-584-12362-1

amazonで購入する

内容紹介

直木賞作家が語る仕事、趣味、冒険、連載etc…
おとなの嗜みと遊びの極意

五〇代までの人生を会社や組織、そして自分の家族のために使ってきた人は多いのではないでしょうか。しかし人生八〇年時代になり、会社や組織からリタイアしてからの人生『第二の人生』が重要になってきています。
 では、どうすれば『第二の人生』を生き生きと毎日が充実して楽しむことができるのか?本書には学歴や肩書、財産などにしがみつかない生き方や自分の夢を叶える方法、またはひとりの時間の楽しみ方などを、直木賞作家・西木正明氏ならではの「おとなの嗜みと遊び」の方法を紹介してあります。

著者紹介

西木正明(にしき まさあき)

一九四〇年、秋田県生まれ。早稲田大学教育学部社会学科中退。早大探検部時代にアラスカに遠征。平凡出版(現・マガジンハウス)に入社。二六歳から一四年間、編集者として勤務後、作家活動に入る。一九八〇年『オホーツク諜報船』で日本ノンフィクション賞新人賞を受賞。以後、ノンフィクションタッチの作品を次々と発表。一九八八年、巨人軍元投手のスタルヒンの生涯を描いた『凍れる瞳』『端島の女』で第九九回直木賞を受賞。一九九五年『夢幻の山旅』で新田次郎文学賞、二〇〇〇年『夢顔さんによろしく』で柴田錬三郎賞を受賞。

INFORMATION