寂聴 写経の力

寂聴 写経の力

監修:瀬戸内寂聴
定価 (税8%):¥1,620
(本体価格:¥1,500)
判型:B5上製
刊行年:2012-04-13
ISBNコード:978-4-584-13419-1

amazonで購入する

内容紹介

小説家でもある瀬戸内寂聴さん本人が書いた写経への心得を読みながら、自宅で気軽に誰にでも写経が行える写経練習帳です。
えんぴつと筆ペンで始められます。

<特典>寂聴さんの般若心経肉筆付き

著者紹介

瀬戸内寂聴(せとうち じゃくちょう)

1922年、徳島生まれ。本名・瀬戸内晴美。
東京女子大学入学。同大学在学中に婚約、卒業後、北京で新婚生活を送り、同地で長女を出産。敗戦後の48年、26歳のときに小説家を志す。
63年『夏の終わり』で第2回女流文学賞受賞。
73年に得度し、法名・寂聴となる。
92年『花に問え』で第28回谷崎潤一郎賞、
96年『白道』で第46回芸術選奨文部大臣賞。
98年『源氏物語』の現代語訳を完成させる。
2001年『場所』で第54回野間文芸賞。
06年、文化勲章受賞。
現在は執筆活動のかたわら、名誉住職を務める天台寺(岩手県二戸市)のほか、四国「ナルトサンガ」(徳島県鳴門市)、京都・寂庵(嵯峨野)などで定期的に法話を行っている。

INFORMATION