おんな淫別帖

おんな淫別帖

著者:睦月影郎
定価 (税8%):¥710
(本体価格:¥657)
判型:文庫
刊行年:2012-04-20
ISBNコード:978-4-584-36707-0

amazonで購入する

内容紹介

元武士月影隆三は脱藩して、戯作者・月影堂無三として成功していた。無神経・無節操・無責任をモットーとする無三のところには、坊主頭に眼鏡、体兵肥満の風貌にも関わらず、人妻、町娘から女剣士まで、様々な女たちが群がってくる。下帯を締める間もなく、フェティッシュな情交を重ねる無三。幕末の動乱の中、近藤勇や沖田総司など旧知の面々が次々に命を落としていく。それでも終わらない、無三をめぐる複雑に絡み合う女たちのとの性愛の宴。時代官能の人気シリーズ完結編。

著者紹介

睦月影郎(むつき かげろう)

1956年1月、神奈川県生まれ。県立三崎高校卒業後、23歳で官能作家デビュー。以後、少女、熟女に限らず、フェティッシュな作風で執筆活動を続け、著作は400冊を突破。時代官能小説を確立した第一人としえて呼び声が高い。
近著に『玉泉みだら暦』(学研M文庫)、『新・平成好色一代男』(講談社文庫)、『冬人夏虫』(さやか淫法帖)、『熟れはだ開帳』(祥伝社文庫)など。

INFORMATION