百鬼夜行に花吹雪 ―夢幻組あやかし始末帖―

百鬼夜行に花吹雪 ―夢幻組あやかし始末帖―

著者:朝松 健
定価 (税8%):¥710
(本体価格:¥657)
判型:文庫
刊行年:2012-07-20
ISBNコード:978-4-584-36708-7

amazonで購入する

内容紹介

黒縁の丸眼鏡をかけ、風采の上がらない、“江戸で一番ヒマな同心”と呼ばれている寺社奉行同心・月影竜之進。しかし、その実態は、様々な妖異・怪異から江戸を守るために結成された「夢幻組」のリーダーである。仲間とともに日々怪奇現象を人知れず処理しているのだ。そんな折、百数十年前に封印された凶悪な大妖怪・牙御前が復活した。尾張藩主徳川宗春に取り憑き、この国を滅ぼそうと企む。夢幻組と妖怪軍団の壮絶な戦いが始まる!

著者紹介

朝松 健(あさまつ けん)

1956年北海道生まれ。1986年『魔教の幻影』でデビュー。以降、ホラー、伝奇時代小説など、幅広い執筆活動を続けている。2006年『東山殿御庭』が第58回日本推理作家協会賞短編部門の候補となる。<逆宇宙シリーズ><一休シリーズ>など多数のシリーズの他、著作に『真田三妖伝』『踊る狸御殿』『暁けの蛍』などがある。

INFORMATION