四国八十八カ所つなぎ遍路

四国八十八カ所つなぎ遍路

著者:家田荘子
定価 (税8%):¥1,728
(本体価格:¥1,600)
判型:四六並製
刊行年:2014-01-15
ISBNコード:978-4-584-13544-0

amazonで購入する

内容紹介

「お遍路とは足を一歩踏み出してその小さな一歩を積み重ねていくこと。それが、人生を前向きに生きることにつながるのです。」
行に生きる作家で真言宗僧侶の魂の遍路記録が登場。
四国霊場開創1200年を迎える2014年、「つなぎ遍路」であれば、会社員のあなたも結願できる!

著者紹介

家田荘子(いえだ しょうこ)

作家。高野山真言宗僧侶。
日本大学芸術学部放送学科卒業。10以上の職歴を経て作家に。
小説、エッセイ、コミックの原作などの作品も数多く発表しているが、必ず本人にあって取材をし、真実を伝える「ノンフィクション」作品に定評がある。平成3年、『私を抱いてそしてキスして』で第22回大宅壮一ノンフィクション賞。
代表作品に『極道の妻たち』『歌舞伎町シノギの人々』『女性のための般若心経』など。過去の著作は129作品にのぼり、30作品以上が映像化されている。
1999年、高野山真言宗鹿児島最福寺で得度をし、2007年、高野山大学で伝法灌頂を受け僧侶に。
高野山高等学校特任講師。
近畿36不動霊場会大先達、四国八十八カ所霊場会公認大先達。

INFORMATION