2頭出しの正しい選び方

2頭出しの正しい選び方

著者:武内一平
定価 (税8%):¥1,700
(本体価格:¥1,574)
判型:B6並製
刊行年:2015-01-23
ISBNコード:978-4-584-13618-8

amazonで購入する

内容紹介

競馬ファンにはおなじみの「2頭出し」。同じレースに、同厩舎もしくは同馬主の馬が2頭出走するケースがそれだ(3頭以上の複数出しも、これにあてはまる)。さて2頭のうち、どちらを選ぶべきか。それとも両方とも買うべきか、消すべきか。「2頭出しは人気薄を狙え」という競馬格言も生まれるほど、ファンの間では昔から悩ましい問題。それに決着をつけるのが本書。馬主、厩舎の戦略を膨大なデータと実戦から導き出した正解(攻略法)とは……。GⅠ、重賞のみならず、新馬、障害まで複雑多岐に渡る「2頭出しワールド」穴党必見です!

著者紹介

武内一平(たけうちいっぺい)

1952年高知県出身。早稲田大学政経学部卒業後、フリーライターに。週刊現代などの週刊誌のライターを務めるかたわら、月刊誌「競馬最強の法則」にも寄稿。競馬・パチンコなどギャンブル全般に詳しい。
競馬書籍(いずれも弊社刊)のライティングは『25万円の元金を競馬で1億円にする方法』(著者・ミツル)、『100円玉が1千万円になる3連単最強の法則』(著者・Kヤマモト)、『万馬券の9割を狙える方程式』(監修・清水成駿)、『予想力ゼロでも勝つ競馬投資入門』(監修・福島毅)など。
近著は「危険な超人気馬」に、あらゆる角度から迫った『単勝1倍馬とケンカして勝つ方法』(いずれも弊社刊)。

INFORMATION