日刊コンピ ブロックバスター

日刊コンピ ブロックバスター

著者:野中香良&「競馬最強の法則」日刊コンピ研究チーム
定価 (税8%):¥1,700
(本体価格:¥1,574)
判型:B6並製
刊行年:2015-08-20
ISBNコード:978-4-584-13668-3

amazonで購入する

内容紹介

30年以上の長きにわたって、競馬ファン必携の馬券ツールとして愛されてきた「日刊コンピ指数」。そのコンピ順位を1~3位=A(軸)、4~8位=B(相手)、9~12位=C(穴)、13位以下=D(大穴)の4ブロックに分けて攻略のベースとするのが本書のテーマ。重賞から新馬戦まで、どのブロックを組み合わせて馬券を買えばいいのか。特に馬券の重要なポイントとなる、A、Bブロックの分析をメインにお届けする。

著者紹介

野中香良(のなか・こうすけ)

1976年、東京都出身。明治大学文学部卒。くじ、競馬専門誌編集を経て、フリーライターに。月刊誌「競馬最強の法則」で「俺はまだ馬券で本気出してないだけ」「行け! 青本隊 最強POG★バトル」連載中。一見、競馬ファン風の超事情通。馬券は大穴党。超穴馬から入って人気馬を押さえず、外すことがしばしば。最近では、スイートピーSで2着の最低人気(単勝164.4倍)トーセンナチュラルから入って、断然の1番人気ディープジュエリー(1着)が抜け。水上学氏からは「野中クンの(ハズレ)馬券はもう芸術だよ! 」と絶賛され、府中界隈では「ハズレ馬券アーチスト」の異名を取る。
著書に『マイネル軍団の裏を知ればこんなに馬券が獲れる! 』『社台王朝の異変に気づけば大儲けができる! 』(いずれも競馬ベスト新書)。また、日刊コンピ馬券術アンソロジー『日刊コンピ王』シリーズの製作にも携わっている。

INFORMATION