日本人にリベラリズムは必要ない。

日本人にリベラリズムは必要ない。

著者:田中英道
定価 (税8%):¥1,134
(本体価格:¥1,050)
判型:B6変並製
刊行年:2017-04-26
ISBNコード:978-4-584-13796-3

amazonで購入する

電子書籍 iBooks amazon.co.jp Kobo Book Live 紀伊國屋書店 Kinoppy
内容紹介

日本のリベラリストの醜さを暴く!
リベラル思想が蔓延する「戦後体制」がどう形成されたのか。そして、なぜいま戦後体制からの脱却を果たさなければならないか。「知の巨人」による思想論。

著者紹介

INFORMATION

“西洋の思想"をありがたがるな!
「リベラリズム」は駄目な思想である―

「リベラル」「リベラリズム」とは何か…?
「マルクス経済学」(社会主義)から、フランクフルト学派「批判理論」、
フロイト「エディプスコンプレックス」、丸山眞男の日本論「古層」まで、
リベラルの欺瞞と危険性を暴く!
「知の巨人」による思想論。

● 20世紀におけるマルクス主義の経典『獄中ノート』
● リベラルの得意技は“言葉狩り"
● 「生まれながらにして不幸」というフロイトの人間観
● OSS(戦略情報局)による「日本計画」
● 天皇を利用した後に葬る「二段階革命」
● マルキシズムに利用されているアダム・スミスの思想
● 「日本思想」をとらえ損なった丸山学
● 「民主主義」の名で展開された「社会主義」
● 誇りを持って自らの文化に生きる幸せ etc.