米中激戦!いまの「自衛隊」で日本を守れるか

米中激戦!いまの「自衛隊」で日本を守れるか

著者:藤井厳喜
著者:飯柴智亮
定価 (税8%):¥1,404
(本体価格:¥1,300)
判型:四六並製
刊行年:2017-05-26
ISBNコード:978-4-584-13798-7

amazonで購入する

内容紹介

“日本"が危ない! !
国際政治学者×元米陸軍大尉が緊急提言!

朝鮮半島、台湾、南シナ海……
アメリカと中国の戦いは、もう始まっている―
国際政治学者が占う、「東アジアの悪夢」とは?
元米軍陸軍大尉が語る、「自衛隊の弱点」とは?
地政学、政治学、軍事作戦から、日本の防衛を考察する一冊。

●着々と実力を伸ばす中国
●中国に力を与えてしまった日米の大罪
●中国防衛費の激増とアメリカの弱み
●米軍を守るためにある自衛隊
●日本の仮想敵国はすべて核保有国
●「セキュリティ・クリアランス」の大問題
●死んでいる憲法九条 etc.

著者紹介

藤井厳喜(ふじい げんき)
国際政治学者/国際問題アナリスト。
1952年東京都生まれ。1977年、早稲田大学政治経済学部政治学科卒。同年から85年までアメリカ留学、クレアモント大学大学院政治学部(修士)を経て、ハーバード大学政治学部大学院助手、同大学国際問題研究所研究員。
現在、株式会社ケンブリッジ・フォーキャスト・グループ・オブ・ジャパン代表取締役、呉竹会アジアフォーラム代表幹事、一般社団法人日本クルド友好協会理事。
著書に『米中新冷戦、どうする日本』(PHP研究所)、『アングラマネー』(幻冬舎新書)、『「国家」の逆襲』『日米対等』(共に祥伝社新書)など多数。

飯柴智亮(いいしば ともあき)
軍事コンサルタント/元アメリカ陸軍大尉。
1973年東京都生まれ。16歳で渡豪。米軍に入隊するため19歳で渡米。北ミシガン州立大に入学し、士官候補生コースの訓練を修了。1999年に永住権を得て米陸軍入隊。
2002年よりアフガニスタンにおける「不朽の自由作戦」に参加。03年、米国市民権を取得して04年に少尉に任官。06年中尉、08年大尉に昇進。S2情報担当将校として活躍。日米合同演習では連絡将校として自衛隊と折衝にあたる。
09年年除隊。11年アラバマ州トロイ大学より国際政治学・国家安全保障分野の修士号を取得。
著書に『第82空挺師団の日本人少尉』(並木書房)、『2020年 日本から米軍はいなくなる 』『金の切れ目で 日本から本当に米軍はいなくなる 』(共に講談社+α新書)など。

INFORMATION