「日本軍」はなぜ世界から尊敬されているのか

「日本軍」はなぜ世界から尊敬されているのか

著者:熊谷充晃
定価 (税8%):¥1,188
(本体価格:¥1,100)
判型:B6変並製
刊行年:2017-08-09
ISBNコード:978-4-584-13811-3

amazonで購入する

内容紹介

「日本軍は悪かった」は間違いである。先の大戦で欧米列強に支配されていた世界地図を塗り替えた「日本軍」。実はその偉業を今でも評価する国々がある。冷静な目で「日本軍」を評価する一冊。

著者紹介

熊谷充晃(くまがい みつあき)

1970年生まれ、神奈川県出身。著述家。
「日本史」では近現代史をはじめ、奈良朝以前の古代や戦国時代、「西洋史」では古代ギリシャ時代やハプスブルク家、「中国史」では春秋戦国時代や三国時代、ほか世界各地の古代文明などを中心に、気の向くままに歴史探求を続ける。
著書に『教科書に載っていない!幕末の大誤解』『教科書に載っていない!明治の日本』『教科書に載っていない!戦争の発明』(彩図社)、『世界文化遺産 富岡製糸場と明治のニッポン』(WAVE出版)、『テレビではいまだに言えない昭和・明治の「真実」』(遊タイム出版)他。複数のペンネームで著書累計30冊を超える。

INFORMATION