真実の名古屋論

真実の名古屋論

著者:呉 智英
定価 (税8%):¥734
(本体価格:¥680)
判型:新書並製
刊行年:2017-11-09
ISBNコード:978-4-584-12567-0

amazonで購入する

電子書籍 amazon.co.jp Kobo Book Live 紀伊國屋書店 Kinoppy
内容紹介

客観的に見て、事実とは全く違うでたらめな名古屋論が横行している。雑誌で、新聞で、単行本で、テレビやラジオで、歴史的にも民族的にも事実に反する名古屋像が語られている。
この本は堅苦しく郷土史を論じたものではない。意外な事実を知ることができ、歴史や文化を見る目が鋭くなる本である。通説や俗説を疑うことの楽しさを知る本である。なんとなく通用している俗論を徹底的に批判することが極上のエンターテイメントであることを読者に知らしめる本なのである。

著者紹介

呉 智英(くれ ともふさ)

評論家。昭和21年(1946年)、名古屋市生まれ。早稲田大学法学部卒業。評論の対象は、社会、文化、言葉、マンガなど。日本マンガ学会発足時から十四年間理事を務めた(そのうち会長を四期)。東京理科大学、愛知県立大学などで非常勤講師を務めた。
著作に『危険な思想家』『現代マンガの全体像』『現代人の論語』『吉本隆明という共同幻想』『つぎはぎ仏教入門』ほか。名古屋市在住。

INFORMATION