「実走着差」実践編

「実走着差」実践編

著者:吉冨隆安
定価 (税8%):¥1,800
(本体価格:¥1,667)
判型:四六並製
刊行年:2018-03-20
ISBNコード:978-4-584-13853-3

amazonで購入する

内容紹介

大井の場立ち公認予想師・吉冨隆安は、昨年の大井のビッグレース(帝王賞、JBCクラシック・スプリント、東京大賞典)をすべて的中。その予想のベースとなっているのが、「実走着差理論」。馬の通ったコース、走った距離はウソをつかない。その観点から字面の着順ではない、馬の真の能力(強さ)を導き出す。
大井を席巻した予想理論の次なるターゲットはJRA中央競馬。17年天皇賞秋◎サトノクラウン-△キタサンブラック-△レインボーライン、17年JC◎シュヴァルグラン、17年京阪杯◎ネロ9番人気1着と快打を飛ばし、この3月上旬には3連複11万馬券を700円的中(ネット競馬での予想)。
吉冨予想で儲け1700万円超のレクサスを買った「投資の達人」へのインタビューなど、春のGIシーズン、大井ナイターに向けて「実走着差理論」の真髄を公開する。

著者紹介

吉冨隆安(よしとみ たかやす)

1947年鹿児島県生まれ。大井競馬場公認予想「ゲート・イン」主宰。大阪市立大学法学部中退後、様々な職業を経て大阪で起業するも、数年後に上京。一時期、学習塾講師と競馬予想屋を両立させていたこともある。平成元年から「ゲート・イン」の屋号で、大井競馬場で場立ち予想を行なっている。

INFORMATION