日本企業はなぜ世界で通用しなくなったのか

日本企業はなぜ世界で通用しなくなったのか

著者:林原 健
定価 (税8%):¥864
(本体価格:¥800)
判型:新書並製
刊行年:2018-05-09
ISBNコード:978-4-584-12578-6

amazonで購入する

電子書籍 amazon.co.jp Kobo Book Live 紀伊國屋書店 Kinoppy honto Reader Store ブックパス dブック
内容紹介

本来の「日本の力」を取り戻そう!

・「温故知新」――先人たちに学ぶ
・「オンリーワン」の“モノ作り”に「市場調査」はいらない
・「責任」を取るのがリーダーの仕事
・地方企業がアメリカの先端企業に勝利!
・外国人との交渉術
・岡山から世界へ ~地域に根ざした企業
・「次の世代」に、より良い日本を残すために etc.

著者紹介

林原 健(はやしばら けん)

フェロー(研究者/企業家)。学校法人順正学園名誉客員教授、株式会社林原健307取締役、元・株式会社林原代表取締役社長。昭和17年1月12日、岡山県生まれ。株式会社林原では、トレハロース、インターフェロン、高純度マルトース、プルラン等、デンプンを元にした新しい糖質を開発、世界シェアを席巻する。2011年代表辞任後は、独自のネットワークで開発を続けている。
受賞歴:科学技術功労者賞(1975年)、藍綬褒章(1997年)。
著書:『林原家』日経BP社(2014年)。

INFORMATION