憲法の真髄

憲法の真髄

著者:小林 節
著者:竹田 恒泰
定価 (税8%):¥961
(本体価格:¥890)
判型:新書
刊行年:2018-07-07
ISBNコード:978-4-584-12584-7

amazonで購入する

内容紹介

「護憲派」も「改憲派」も根本的に間違っている―! ?
「憲法とは何か」「改憲の問題点」を徹底解説!

憲法界、初の師弟対談!!
憲法の本質から「立憲主義」「主権」「元首」「人権」「九条問題」……
国民生活に直結する改正の諸問題を、憲法学者・小林節博士と人気作家で愛弟子の竹田恒泰氏が語り尽くす!

日本人のための「憲法」副読本!
●「イギリス憲法」の成り立ち
●アメリカに憲法が生まれた理由
●“憲法"を破壊した「フランス革命」
●「大日本帝国憲法」の制定過程
●「立憲主義」=「議会主義」ではない
●「天皇は元首である」にまつわる誤解
●「押し付け憲法論」の愚
●避けては通れない、九条問題
●「お試し改憲4項目」を斬る etc.

著者紹介

小林 節(こばやし せつ)

1949年、東京都出身。慶應義塾大学名誉教授、弁護士。法学博士、名誉博士(モンゴル、オトゥゴンテンゲル大学)。
1977年慶大大学院法学研究科博士課程修了。ハーバード大学ロー・スクール客員研究員等を経て、1989~2014年慶大教授。
その間、北京大学招聘教授、ハーバード大学ケネディ・スクール・オヴ・ガヴァメント研究員等を兼務。2014年慶大名誉教授。
著書に『「憲法」改正と改悪』(時事通信社)、『白熱講義! 日本国憲法改正』(ベスト新書)、『「憲法改正」の真実』(集英社新書/樋口陽一と共著)など多数ある。

竹田 恒泰(たけだ つねやす)

1975年、旧皇族・竹田家に生まれる。明治天皇の玄孫に当たる。
慶應義塾大学法学部法律学科卒業。専門は憲法学・史学。作家。
2007年から2014年まで、慶大大学院法学研究科講師として憲法特殊講義「天皇と憲法」を担当。
2015年から皇學館大学現代日本史学部講師として日本国憲法論と現代人権論を担当(現職)。
著書に『日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか』『天皇は本当にただの象徴に堕ちたのか』(以上、PHP新書)、『現代語古事記』(学研M文庫)など多数ある。

INFORMATION