日本人に「宗教」は要らない

日本人に「宗教」は要らない

著者:ネルケ無方

キリスト教には、明確なドグマ(教義)がある。
イエス・キリストというはっきりとした象徴がある。
三位一体(父なる神、子なるイエス、聖霊)がある。
それがキリスト教を信仰している人々の支えになっている。
しかしキリスト教は、他宗教を否定する。

ところが、日本にはそういった宗教間の対立がほとんどない。
仏教と神道が争うことはない。
今の日本人はキリスト教を否定しない。
西洋人が、日本人から大いに見習うべき点は、ここだろう。

そして、日本人は無意識のうちに。日常生活の中で「禅」の教えを実践している。
だから、日本人に「宗教」は要らない……。

曹洞宗の住職であり、元キリスト教徒(プロテスタント)の著者が、
日本と欧米社会を比較しながら、「日本人の宗教観」について考察する一冊!

内容紹介

amazon.co.jp Kobo Book Live 紀伊國屋書店 Kinoppy
>>紙の本の詳細情報はコチラ