アドラー心理学 実践入門~「生」「老」「病」「死」との向き合い方~

アドラー心理学 実践入門~「生」「老」「病」「死」との向き合い方~

著者:岸見一郎

 「自分を好きになれない」
 「人の目が気になる」
 「他人とうまく付き合えない」
 「病気や死が怖い」
 …その悩み、アドラー心理学を実践すると劇的に心が軽くなります。
 フロイト、ユングと並び「心理学の三大巨頭」と称される、オーストリアの精神科医アルフレッド・アドラー。
 どんな困難に直面しても、アドラー心理学は幸福になるためのヒントを教えてくれます。誰も避けることができない「老いること」「病気になること」「死ぬこと」に対しても同様です。これらは決して人生の最後に私たちを待ち構えているのではなく、常に「生」の直下にあります。

内容紹介

iBooks amazon.co.jp Kobo Book Live 紀伊國屋書店 Kinoppy
>>紙の本の詳細情報はコチラ