「地産地消」の生き方

「地産地消」の生き方

著者:島﨑治道

そもそも食料は、市場経済には馴染まない

今こそ、TPP上陸に当たり、わが国の「食」を防衛することが、第一優先の時を迎えています。
そもそも食料は、文明が造り出した便利な品々とは対立関係にあります。
市場が価格を決める市場経済は、利益を目的に成立しています。
利益面だけで言えば、便利な品々の場合は、たとえ原価のかかっていない粗製濫造の商品であっても買い手が納得していれば、
交換価値は成立し、売り手は大きな利益を得ることができます。
しかし、〝食=命〟の食料と消費者との関係は、消費者にとって食料の安定した確保と同時に、安全であることが何よりも優先されなければなりません。

そして、この本でも、述べたように、すべての争いは『食』から始まります。
世界の食料需給は逼迫しています。わが国が食料の輸入を拡大することは、世界にテロや戦争を輸出しているのと同様です。
わが国の生活者の〝幸せ〟を願い、平和で豊かな永続性のある国づくりのためには、「食の国際化」から脱却し「食の地域化」が絶対条件です。
今こそ、『地産地消』の出番なのです。

第1章 「食の国際化」は戦争の火種
第2章 生存率を示す食料自給率
第3章 「食育」は『地産地消』の理念
第4章 「食育」のあるべき姿
第5章 『地産地消』の生き方
第6章 豊かな暮らしのために

内容紹介

iBooks amazon.co.jp Kobo Book Live 紀伊國屋書店 Kinoppy
>>紙の本の詳細情報はコチラ