経済で読み解く織田信長 「貨幣量」の変化から宗教と戦争の関係を考察する

経済で読み解く織田信長 「貨幣量」の変化から宗教と戦争の関係を考察する

著者:上念 司

“お金の流れ"から室町・戦国時代の政治経済を解く!

織田信長の活躍が「日本」を救った! !

信長の「経済政策」、その歴史的意味とは?
日明貿易から室町幕府の経済政策とその衰退、
応仁の乱、一向一揆、寺社勢力の金融ビジネスまで、
室町・戦国の世を“経済的視点"で描く―。
「経済」がわかれば、「歴史」がわかる!
信長の“本当の業績"を考察する、著者渾身の書下ろし! !

● 「マネーストック」と景気の関係
● 「出土備蓄銭」は現在の「タンス預金」
● 巨大荘園主としての寺社勢力
● 「恐ろしき山かな」―蓮如のつぶやき
● 室町幕府の将軍交代劇
● 「応仁の乱」を経て確立した、細川京兆体制
● 信長は本当に宗教を弾圧したのか
● 意図せざる経済の変革 etc.

【目次より】
序に代えて ~お金の流れで歴史を読み解く
第一部 中世の「金融政策」と「景気」
 第1章 明の景気が日本経済を左右した時代
 第2章 室町幕府の財政事情
第二部 寺社勢力とは何なのか?
 第3章 老舗「比叡山」vs.新興「京都五山」
 第4章 京都五山のビジネスと本願寺の苦難
第三部 武将と僧侶の仁義なき戦い
 第5章 信長の先駆者たち
 第6章 「一向一揆」とは何か
第四部 信長は何を変えたのか?
 第7章 信長の本当の業績
 第8章 信長の活躍が日本を救った!

内容紹介

iBooks amazon.co.jp Kobo Book Live 紀伊國屋書店 Kinoppy
>>紙の本の詳細情報はコチラ