思わず話したくなる究極のディズニー

思わず話したくなる究極のディズニー

著者:みっこ

知れば知るほどおもしろくなる
ランド&シーに隠されたこだわり

人気ディズニーブロガー・みっこ氏が、十数年にわたって東京ディズニーランド・東京ディズニーシーに通うなかで見つけた、
思わず誰かに話したくなるおもしろいこだわりをたっぷり紹介。
「エリアごとにゴミ箱のデザインが違うこと」に感動したことがきっかけで通い始めたという著者。
気にしなければ通り過ぎてしまうような風景やプロップス(小物)のなかに隠れた、ストーリーや設定を読み解いていきます。
アトラクションに乗ったり、パレードやショーを観たり、ショッピングをしたり、そんな王道の楽しみ方もいいですが、
パークのなにげない風景を眺めるだけでも楽しくなる、そんな新しい楽しみ方を提案します。
ディズニーが苦手な人でも興味がわいてくる、そしてディズニーが好きな人はもっと大好きになる一冊です。

Chaper1 ディズニーランドのこだわり
建物が実際よりも大きく見える魔法がかけられている/ホーンテッドマンションでは待ち時間が「4」分になったことがある/
ミニーの家のポットの沸騰音は『ミッキーマウス・マーチ』になっている/スター・ツアーズでは、ダース・ベイダーが登場するかしないかが出発前にわかる……and more!

Chapter2 ディズニーシーのこだわり
「59」メートルというタワー・オブ・テラーの中途半端な高さは航空法に引っかからないため/プロメテウス火山の活動が始まると照明がチカチカと点滅する/
マーメイドラグーンでは「海底の世界」へ降りる時にBGMが変わっていく/入口の地球儀は超巨大サイズになる可能性があった……and more!

Chapter3 「夢の空間」を守るもの
ゲストから見えない場所に救急車と消防車が常駐している/「園内放送は絶対にされない」というのは間違い/
作り物ではなく、実際に使われていた「本物」が置かれている……and more!

内容紹介

iBooks amazon.co.jp Kobo Book Live 紀伊國屋書店 Kinoppy
>>紙の本の詳細情報はコチラ