産まないことは「逃げ」ですか?

産まないことは「逃げ」ですか?

著者:吉田 潮

34歳で子供が欲しくなり、40歳で不妊治療をやめた
『週刊新潮』連載「TVふーん録」人気コラムニスト吉田潮が
45歳の今、気づき、書き下ろした「産まない」という選択

不妊治療を始めようと思っている女性には、「結果がどうあれ、知らなかった、あるいは封印していた自分を知ることもできるよ」と教えてあげたい。
私がそうだったから。(本文より)

産む人生か、産まない人生か。
アラサー&アラフォーの女性にとって誰もがぶつかる「妊娠・出産」の問題。
また「子供が欲しい」と思って「妊活」しても、簡単には「できない」という問題とも向き合うこともあります。
こうした女性のナイーブな問題を「ひとりで悩む」苦しさに対して、ではどうすればいいのか?
TV批評で人気のコラムニストの吉田潮が、自らの体験を通じて得た「気づき」を本書で書き下ろしました。
またカバー・本文イラストは漫画家の安彦麻理絵さんが描き下ろしました。

女として「自分が主語」の人生を楽しむためのヒントあります

泣けます。本当に「いまだ女性が背負う問題」の大きさに共感できます。
考えます。女性をとり巻く世間の無関心と無神経さに対して。
笑えます。妊活への取り組む姿と自分の生き方を身につけていく微笑ましさに。
また泣けます。妊娠の喜びと流産してしまった悲しみの間(はざま)で。
出会えます。改めてあなたと、あなたが愛する家族たちに。
またまた泣けます。女である自分の人生を見つけていく歓びに。
そして自信が持てます。女性であること、あなた自身の人生であることに。

産みたい理由
産みたかった理由
一緒に考えてみませんか
私は子供がいなくても自分が主語の人生をいかに楽しむか、だと思うようにした。
もちろん、子供ができなかった悔しさや己の不全感のようなものはゼロではなく、
心の奥底に汚泥のようにこびりついていたりもする。(本文より)

≪目次≫
はじめに
第1章 母性より個性
第2章 子供が欲しいという病
第3章 不妊治療を始めました、迷走し始めました
第4章 うらやましいけど妬ましくはない方向へ
第5章 「寂しい」は世間が主語
第6章 産まないことは「逃げ」ですか?
第7章 産んでも女、産まずとも女おわりに

内容紹介

iBooks amazon.co.jp Kobo Book Live 紀伊國屋書店 Kinoppy
>>紙の本の詳細情報はコチラ