北朝鮮の終幕 東アジア裏面史と朝露関係の真実

北朝鮮の終幕 東アジア裏面史と朝露関係の真実

著者:田中健之

◆北のミサイルは脱中国のためである
◆朝鮮半島危機の原因は米露の対立!
◆玄洋社、黒龍会の血脈である著者が贈る、渾身の北朝鮮論

◎中国派の粛清によって確立した金正恩体制!
◎大日本帝国の残滓国家としての北朝鮮の闇とは!?
◎ポツダム国家からの脱却が東アジアの平和を導く!
◎東学党の乱からわかる北朝鮮の真意!

◎国際社会の圧力などでは北は決して屈しない! !
◆朝鮮半島の成立史から導かれる歴史の真実

・北朝鮮で再評価が始まった金玉均
・清国からロシアに奪われた朝鮮
・李容九と『大東合邦論』
・内田良平と李容九の出会い
・緊密化する北朝鮮とロシアの経済交流
・中国に期待するアメリカの迷妄
・核開発に動いて暗殺された朴正煕大統領
・中国派の粛清によって確立した金正恩体制
・対立と融和を組み込んだパルチザン式外交
・日本に祟り続ける朝鮮という幽霊

■なぜ、北朝鮮は日本に対して、威嚇行動をとり続けているのでしょうか?
また今も尚、解決をみない日本人の拉致を、なぜ北朝鮮は繰り返してきたのでしょうか?
自国の国民を飢えさせ、自由を奪い、他国への戦争行為をし続ける北朝鮮はなぜ、この様な国家になったのでしょうか?
本書はその分析を深めるために、二部構成とし、
 第I部は金正日体制から金正恩体制における現代の北朝鮮について。
 第II部に北朝鮮という国家の成立史にその根拠を求めて、論じております。
ソ連は北朝鮮を傀儡国家として成立させ、仕上げるために、金日成という人物を抗日パルチザンの英雄だという虚像を作り上げました。
そんな北朝鮮は、ソ連崩壊の後には中国によって経済的に支えられてきたのだという事実は誰しもが知る常識です。
本書では、朝鮮半島が南北に分断されるに至った根本的な原因である日韓併合までさかのぼり、
歴史的な考察によって、北朝鮮に対する一般的な常識よりもさらに一歩踏み込んでいきたいと思っています。(本文より)

内容紹介

amazon.co.jp Kobo Book Live 紀伊國屋書店 Kinoppy
>>紙の本の詳細情報はコチラ