経済で読み解く豊臣秀吉 東アジアの貿易メカニズムを「貨幣制度」から検証する

経済で読み解く豊臣秀吉 東アジアの貿易メカニズムを「貨幣制度」から検証する

著者:上念 司

ビジネスモデルを変えた、天下人・秀吉の国内&対外政策とは?
朝鮮半島ではなく、マニラを攻撃していれば、
世界地図は塗り替わっていた……! ?
「本能寺の変」から「山崎の戦い」「検地」「刀狩」「朝鮮出兵」まで、
国防の本質を“経済的視点"で描く―。
「織豊時代」を学べば、現代日本を救える!
秀吉の“偉業"と“失敗"を考察する、著者渾身の書下ろし! !
● 経済の掟「ワルラスの法則」
● 十六世紀後半の「国際貿易ネットワーク」
● 外交交渉に長けていた秀吉
● 貨幣経済の「トレンド変換」
● 「キリシタン大名」の暴挙
● 「外国に侵略されてしまう」という危機感
● 秀吉が「海軍」を作っていれば、歴史は変わった! ?
● 二代目経営者・秀吉の「自信」と「慢心」 etc.

内容紹介

amazon.co.jp Kobo Book Live 紀伊國屋書店 Kinoppy honto Reader Store ブックパス dブック
>>紙の本の詳細情報はコチラ