学校では教えられない歴史講義 満洲事変

学校では教えられない歴史講義 満洲事変

著者:倉山 満

◆満洲事変を正しく知ることは現代日本の生き残るヒントになる

●満洲事変に「軍部」の「独走」など無い。
石原莞爾とて、お役所仕事を全うしたにすぎない。
●満洲事変に国際法違反は無い。
むしろ生真面目に遵守しすぎ。
●満洲事変にコミンテルンの陰謀は成立しない。
それどころか、当時のソ連は終始一貫して日本におびえきっている。
●満洲には夢もロマンも無い。
王道楽土? しょせんは人口増加問題の解消策である。
●国際連盟脱退に外的要因は無い。
徹頭徹尾、日本の内政問題である。
●満洲事変は人類が不幸になっていく始まりの大事件である。
軽く考えてはならない。

内容紹介

amazon.co.jp Kobo Book Live 紀伊國屋書店 Kinoppy honto Reader Store ブックパス dブック
>>紙の本の詳細情報はコチラ